新亜光学工業株式会社の精密機器が私たちの生活の安全を届けている

>

近年では防犯カメラはクラウド保存が可能に

この記事をシェアする

クラウド保存の強み

防犯カメラやドライブレコーダーはSDカードで保存する機器以外に、インターネットを通じてクラウドの方法で保存できる機器が増えています。
概ね月額費用は掛かりますが、使い方次第ではSDカードよりも費用を抑えられる可能性があります。
また、スマホやタブレットといった通信機器があれば閲覧可能となり、場所を選ばないで撮影した様子が確認できます。

クラウド保存の場合で、動体探知機能や通知機能搭載タイプだと、指定のスマホなどにアラート通知が届きます。
有事の際に迅速な対応をしやすくなるのも、心強さを得られるポイントでしょう。

特に1人で複数の店舗を抱える経営者や離れて暮らす家族がいる場合には、クラウドは頼れる機能となるかもしれません。
新亜光学工業株式会社であれば、用途に合った精密機器の製造ができるでしょう。

時代に合う精密機器を製造する会社

カメラ部品や防犯カメラをはじめ数多くの精密機器を製造した新亜光学工業株式会社。
複数の特許取得をしており、今でも必要であれば申請を行います。

新たな精密機器を製造する際は研究や開発の社員が中心になって行いますが、直接顧客からの意見が聞ける営業や物流の社員からのアイデアも確認しています。
そのうえで、スキルを活かしてニーズに合った精密機器の製造へと繋げます。
日々必要なものは変化していますが、それに対応できるのは大きな強みです。

社員一人ひとりは、単に光学分野の知識がある人たちだけではありません。
フレキシブルにものづくりができる一面以外に、時には斬新なアイデアを出す場合もあります。
余計な費用や時間を防ぐための打ち合わせは欠かしませんが、商品化してプラスになるのが期待できる場合、新亜光学工業株式会社は研究や製造に掛ける費用を惜しみません。


▲ TOPへ